BirdBase MapはBirdBase Noteの利用を補助するソフトウエアで、緯度経度やメッシュ番号をBirdBase Noteに取り込んだり、BirdBase Noteが生成した分布図データを表示するために使用します。緯度経度とメッシュ番号を取り込むためだけには市販の電子地図ソフトウエア(※)を使用することもできます。詳しくはマニュアル(マニュアルへリンクしてください)をご覧下さい。
※ 昭文社のSuper Mappleに対応しています。

特長

Windows 2000以降のOSがインストールされたパーソナルコンピュータ。

BirdBase NoteはGIS(地理情報システム)と呼ばれるタイプのソフトウエアです。市販のGISソフトは複雑な機能がたくさんついており、そのために操作が難しかったのですが、
BirdBase Mapは、
(1)緯経度を取得する
(2)メッシュ番号を取得する
(3)分布図を表示する
という3つの機能を重視してシンプルに作ってあります。

BirdBase Mapは無料でダウンロードできます。

 BBMap分布図画面A



 BBMap分布図画面B


このページのトップへ


このサイトで使用されている文章や画像を北海道環境科学研究センターおよび
科学技術振興機構に無断で転載することを禁じます。鳥類データは各データの提供団体が所有しています。