トップページ
BirdBaseについて
データ提供団体
検索できるデータ一覧
BirdBase for Windows
リンク
サイトマップ
お問い合わせ
トップページ > データ提供団体

財団法人 日本野鳥の会

財団法人 日本野鳥の会
日本野鳥の会は会員や協力団体の参加による全国的な鳥類調査を実施しており、そのうち二つのデータセットをBirdBaseで見ることができます。野鳥の会では様々な鳥類調査のデータを統一的に管理するためのデータベース作りを北海道環境科学研究センターなどの機関と共同研究として行っています。


バードライフ・インターナショナル

バードライフ・インターナショナル
バードライフ・インターナショナルは世界約100の国と地域から鳥類保護NGOが加盟している国際組織で、イギリスのケンブリッジに本部があります。さらに東京にはアジア事務所があり、アジア各国の加盟NGOと共同で野鳥とその生息地を守るためのプロジェクトを実施しています。BirdBaseではバードライフインターナショナルが行ったレッドデータブックと重要鳥類生息地(IBA)のデータを調べることができます。日本野鳥の会はバードライフ・インターナショナルの加盟団体であり、この二つの調査も日本野鳥の会が中心になって行われました。


環境省

環境省
環境省は1973年から自然環境保全基礎調査を実施しており、全国でさまざまな動植物について生息分布状況を調査しています。BirdBaseではその中から鳥類についての調査データを調べることができます。


北海道環境科学研究センター

北海道環境科学研究センター
北海道環境科学研究センターでは、北海道に関する報告書や文献などから動植物の確認状況や位置情報などを盛り込んだ動植物の分布情報のデータベースを作成しています。 BirdBaseではその中から鳥類についての調査データを調べることができます。

メタデータとはデータの内容について説明する目録データのことで、図書について説明する図書カードのようなものです。このページではBirdBaseで検索可能なデータのメタデータを見ることができます。ここで使用しているメタデータ形式は 環境省の生物多様性クリアリングハウスと互換性を持つように作成されています。

データ名 提供団体 データ記録期間 メタデータ
Important Bird Area
(重要鳥類生息地域:IBA)
BirdLife International 2003年以前
Threatened Birds of Asia (アジア版RDB) BirdLife International 2001年以前
第2回自然環境保全基礎調査 環境省 1974−1978年
第3回自然環境保全基礎調査 環境省 1984年12月−
1985年1月
第5回自然環境保全基礎調査 環境省 1997−2000年
東アジア地域
ツル類重要生息地ネットワーク
日本野鳥の会
衛星追跡調査 日本野鳥の会
ガン・カモ・ハクチョウ類全国一斉調査 日本野鳥の会 1982−1992年
鳥の生息環境モニタリング調査 日本野鳥の会 1994年以降
北海道の重要湿地データ 北海道
環境科学研究センター
北海道の鳥類分布データ 北海道
環境科学研究センター

このページのトップへ


このサイトで使用されている文章や画像を北海道環境科学研究センターおよび
科学技術振興機構に無断で転載することを禁じます。鳥類データは各データの提供団体が所有しています。