トップページ > BirdBaseについて

BirdBaseはさまざまな機関が調査してきた鳥類のデータを横断的に検索できる仕組みを提供し、さらに鳥類調査データのデータベース化と共有を進める実験を行うために、北海道環境科学研究センターと科学技術振興機構(JST)が開発したデータベース・サイトです。このサイトでは二種類のデータベースを提供しています。

日本野鳥の会」「バードライフ・インターナショナル」「環境省」「北海道環境科学研究センター」が所蔵する鳥類分布データと鳥類生息地データを横断的に検索することができるWebGISシステムです。

検索の仕組み

無償でダウンロードして使用できるWindows用のGISソフトウエアで、野鳥などの調査データをマッピングするためのGIS機能を備えています。さらにBirdBase Exchangeにユーザグループを登録すれば、同じグループに所属するメンバー同士でインターネットを通してデータを共有し、互いが入力した鳥の分布データをまとめて地図上に表示することができます。

BirdBase for Windows


BirdBaseで使用している地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)及び数値地図25000(地図画像)を複製したものです。

承認番号:平14総複、第167号

  
このページのトップへ


このサイトで使用されている文章や画像を北海道環境科学研究センターおよび
科学技術振興機構に無断で転載することを禁じます。鳥類データは各データの提供団体が所有しています。